クラスコの資産運用

収益物件

【pickupニュース】東日本レインズ、21年4~6月首都圏中古M成約件数過去最高

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。
今回ピックアップするニュースはこちら!

4~6月期の首都圏等不動産流通市場動向を発表
公益財団法人東日本不動産流通機構(以下、東日本レインズ)は7月19日、首都圏(1都3県)および札幌市・仙台市における2021年4~6月期の不動産流通市場の動向を発表しました。

成約件数が過去最高
首都圏における中古マンションの成約件数は、以下のとおりです。

首都圏:9,987件、前年同期比55.4%増
東京都:5,041件、同52.3%増
東京都区部:4,064件、同51.1%増
東京都多摩:977件、同57.6%増
埼玉県:1,210件、同54.3%増
千葉県:1,227件、同55.3%増
神奈川県:2,509件、同62.4%増
横浜市・川崎市:1,804件、同64.6%増
神奈川県他:705件、同57.0%増

首都圏では、前年同期がコロナ禍で減少した反動により大幅増加で前年同期比4期連続の増加となりました。4~6月期としては、1990年5月の機構発足以降の過去最高件数を記録しました。

成約平方m単価は35期連続上昇
成約平方m単価は、以下のとおりです。

首都圏:59.04万円、前年同期比12.5%増
東京都:80.50万円、同14.5%増
東京都区部:90.86万円、同16.5%増
東京都多摩:43.18万円、同4.0%増
埼玉県:35.60万円、同13.0%増
千葉県:32.22万円、同18.0%増
神奈川県:45.65万円、同7.1%増
横浜市・川崎市:50.30万円、同6.3%増
神奈川県他:33.53万円、同7.4%増

首都圏平均は、前年同期比35期連続上昇しました。地域別では、東京都が34期連続上昇で80万円超え、埼玉県・千葉県・神奈川県は4期連続の上昇でした。

ピックアップニュースは以上になります。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

公益財団法人東日本不動産流通機構のプレスリリース
http://www.reins.or.jp/pdf/trend/sf/sf_202104-06.pdf

PAGE TOP