クラスコの資産運用

収益物件

【pickupニュース】19年Q2の全国主要都市地価、97%の地区で上昇に

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。
今回ピックアップするニュースはこちら!

国土交通省が「地価LOOKレポート」を公開
国土交通省は23日、全国主要都市の高度利用地における地価動向をまとめた「地価LOOKレポート」の最新版、2019年第2四半期分(4月1日~7月1日)を公開しました。

全国からピックアップした100地区を対象に四半期ごとの地価動向を調査し、先行的な市場の動きを明らかにするべく、まとめられているもので、調査結果詳細は国土交通省の土地・建設産業局該当ページから閲覧することができます。

・調査対象地域について
東京圏:43地区
大阪圏:25地区
名古屋圏:9地区
地方中心都市等:23地区

住宅系地区:32地区
商業系地区:68地区

対象100地区は、三大都市圏や地方中心都市などでとくに地価動向を把握しておく必要性の高い地区と判定されたエリアで、地域の内訳は上記のようになっています。また利用目的別では、高層住宅などにより高度利用されている住宅系地区が32地区、店舗・事務所などが高度に集積している商業系地区が68地区で、合計100地区となります。

・地価動向
6%以上の上昇:3%(前期比+3ポイント、前年同期比+3ポイント)
3%以上6%未満の上昇:25%(前期比-4ポイント、前年同期比+12ポイント)
0%超3%未満の上昇:69%(前期比+1ポイント、前年同期比-13ポイント)
横ばい:3%(前期比横ばい、前年同期比-2ポイント)
下落:0%(前期比横ばい、前年同期比横ばい)

2019年第2四半期における全国100地区の地価動向を分析すると、6%以上のまとまった上昇となったのは3%(3地区)で、前期・前年同期にはみられなかった上昇の顕著な地域が出現していました。

3%~6%の上昇は25%(25地区)で、前期より4ポイント減少したものの、前年同期に比べると12ポイント増加しています。0%~3%の上昇は69%(69地区)で、ほぼ前期並みとなっていました。上昇を記録した地区は、合計で97%(97地区)となり、引き続き堅調な動きがみられています。横ばいの地区は3%(3地区)にとどまり、価格下落を示した地区はありませんでした。

・上昇の目立った地区
6%以上:(大阪市)西梅田、茶屋町、新大阪

今回6%以上と高い地価上昇をみせた3地区は、いずれも大阪市の商業系地区にあたる西梅田、茶屋町、新大阪でした。

横浜駅西口では上昇幅が縮小、その他は強含み
・圏域別上昇地区
東京圏:41地区
大阪圏:25地区
名古屋圏:9地区
地方中心都市等:22地区

・利用目的別上昇地区
住宅系地区:31地区
商業系地区:66地区

地価動向の上昇や横ばいといった傾向を、圏域別でみると、東京圏では43地区中41地区が上昇、2地区が横ばいでした、大阪圏と名古屋圏では、全ての地区が上昇を記録しています。この上昇基調は大阪圏で6期連続、名古屋圏で25期連続のこととなりました。地方圏では22地区が上昇、1地区のみ横ばいになっています。

利用目的別では、住宅系地区で32地区中31地区が上昇、1地区が横ばいでした。商業系地区は68地区中66地区が上昇、横ばいは2地区となっています。

・前期からの変化
上昇幅拡大:(大阪市)西梅田、茶屋町、新大阪
上昇幅縮小:(横浜市)横浜駅西口

前期からの変化に着目すると、上昇幅を拡大させていたのは、3~6%の上昇から6%以上の上昇となった大阪市の商業系地区3地区、西梅田、茶屋町、新大阪でした。一方、逆に上昇幅を縮小させたのは、3~6%の上昇であったところ、今回0%~3%の上昇にダウンした横浜市の商業系地区、横浜駅西口です。

・主な上昇要因
空室率低下や賃料上昇など堅調な動きのオフィス市況
再開発事業の進展
訪日外国人の増加による店舗、ホテルニーズ
利便性の高い地域などで堅調なマンションニーズ

引き続き97地区が上昇し、全体として地価上昇の傾向を続けているといえる主要都市の高度利用地ですが、その背景には、景気回復の兆しや雇用・所得環境の改善がみられること、低金利環境が続いていることなどがまず指摘でき、その中で空室率の低下や賃料上昇を続ける堅調なオフィス市況がポイントになっています。

各地で進む再開発事業により、魅力的な空間や賑わいが新たに創出され、出店ニーズや投資家を引きつけていることも指摘されました。また訪日外国人の増加で、店舗やホテルのニーズは高い推移が続いています。さらに利便性の高い地域においては、堅調なマンションニーズがあり、地価高騰を下支えするものともなっています。

これらから、不動産投資においては、オフィス、店舗、ホテル、マンションなどのセクションが引き続き堅調となりました。

ピックアップニュースは以上になります。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

国土交通省 報道発表資料(プレスリリース)
http://www.mlit.go.jp/

「地価LOOKレポート」 資料提供ページ
http://www.mlit.go.jp/

PAGE TOP