クラスコの資産運用

収益物件

【pickupニュース】18年3Q、リバースモーゲージの利用実績が大きく増加

日々のニュースの中で不動産投資や賃貸経営、資産運用など暮らしに関わるニュースをピックアップしてます。
今回ピックアップするニュースはこちら!

住宅金融支援機構が「リ・バース60」の利用動向を発表
独立行政法人住宅金融支援機構は27日、同機構が提携金融機関と手がける、満60歳以上の人を対象とした住宅融資保険付きリバースモーゲージ型住宅ローン「リ・バース60」について、2018年7~9月期における利用実績などをまとめた最新データを公開しました。

「リ・バース60」は、満60歳以上の人を対象に、住宅融資保険を活用して融資が行われるもので、住宅や土地に担保を設定することで、毎月の支払いを利息のみとできるほか、元金は利用者が死亡した際の担保物件売却で一括返済可能になっています。売却代金が残債務に満たない場合、リコース型では請求が行われますが、ノンリコース型ならば相続人に残債務の請求がなされることもありません。

提供金融機関は、担保価値の下落リスクを住宅融資保険の保険金でカバーできるため、都市部などの物件担保価値が高いケースに限らず、幅広い顧客にリバースモーゲージ型住宅ローンを提供できるようになっています。なお、金利や資金使途、リコース型/ノンリコース型などの詳細商品内容は、取り扱い金融機関によって異なるため、個別に確認が必要です。

・「リ・バース60」の利用実績
付保申請戸数:100戸(対前年同期比 357.1%)
付保実績戸数:45戸(対前年同期比 642.9%)
付保実績金額:8.0億円(対前年同期比 888.9%)
取扱金融機関数(期末累計):43機関(対前年同期比 153.6%)

2018年7~9月期における「リ・バース60」の利用実績動向をみると、住宅融資保険付保のため、事前に金融機関から機構へと申請があったケースは100戸で、前年同期に比べ約3.6倍と大幅に増加しました。実際に融資が実行され、住宅融資保険が付保されたケースも45戸と、対前年同期比で642.9%にまで伸びています。

融資実績金額は8.0億円で、前年同期より7.1億円の増加、比率では888.9%もの上昇を記録しています。取扱金融機関数も前年同期より15機関増の43機関となりました。背景には、資金使途の追加やノンリコース型の導入など、商品の改善に向けた取り組みがあるものと考えられています。

・申込者属性
年金受給者:56%
会社員:23%
パート/アルバイト:7%
会社役員:5%
個人経営:5%
その他:2%
公務員:1%
短期社員:1%

この期間の申込者属性を割合で分析すると、満60歳以上が対象ということもあり、「年金受給者」が過半の56%を占めました。次いで「会社員」の23%、「パート/アルバイト」の7%などとなります。属性平均値は、年齢が69歳、年収394万円でした。

主要都市を中心に利用が拡大、ノンリコース型も増加
・資金使途
戸建新築:43%
新築マンション購入:27%
戸建リフォーム:16%
中古マンション購入:7%
借換え:6%
戸建購入:1%

2018年7~9月期に「リ・バース60」の付保申請があった案件における資金使途は、「戸建新築」が43%でトップとなり、「新築マンション購入」の27%がこれに続いています。3位は「戸建リフォーム」の16%で、経年劣化の進んだ箇所や、ライフスタイルに合わなくなった箇所を改善して住み続けることにも使われていました。以下「中古マンション購入」は7%、「借換え」が6%、「戸建購入」の1%となっています。

・資金計画平均値
所要額:3,428万円
融資額:1,811万円
毎月返済額:3.5万円

借入申込者の資金計画平均値は、所要額が3,428万円に対し、融資額が1,811万円でした。毎月の返済額は3.5万円になっています。

・必要理由
住宅が古い:45%
住み替え:23%
借換え:5%
子どもと近居:4%

融資を必要とした理由については、トップが「住宅が古い」の45%、次いで多いのが「住み替え」の23%でした。「借換え」も5%あり、これらが主な理由といえるでしょう。

・利用地域割合トップ10
東京都:14%
神奈川県:11%
熊本県:9%
静岡県:8%
埼玉県:6%
愛知県:6%
京都府:5%
大阪府:5%
北海道:4%
千葉県:3%

都道府県別に利用地域割合を分析すると、トップは東京都で14%、2位が神奈川県の11%で、これら2地域が10%以上となっていました。3位は「熊本県」で9%を占めます。全体的には、やはり首都圏近郊、中京圏、近畿圏といった主要都市が多めになっていますが、九州や中国地方、中部、北陸圏にも広がりがみられました。

・利用タイプ
ノンリコース型:89%
リコース型:11%

商品の利用タイプとしては「ノンリコース型」が全体の89%を占め、2018年4~6月の82%から7ポイント上昇、約9割にまで増加していました。

ピックアップニュースは以上になります。
最後までお読み頂き、ありがとうございます。
今後も皆様のお役に立つ内容をお届けしてまいりますのでご期待ください!

(画像はプレスリリースより)


▼外部リンク

独立行政法人住宅金融支援機構 プレスリリース一覧
https://www.jhf.go.jp/topics/press.html

PAGE TOP